ようやく機種変

長年使ってきた携帯W21SAからついに機種変更したのだ。
リンク先の情報によると、発売時期は2004年夏。記憶によると8月に発売されて、発売日かその直後の週末に某ショッピングセンターユアエルムのauショップに行って購入したはずなのだ。
当時は渋谷勤務で、昼休みに職場近くのケータイショップをふらふらと覗いては良いケータイはないかな~と探りを入れてたのだ。そして偶々目に止まったのがW21SA。なんだかゴツくて重たいけど、デザインがシンプルで良いなと思って買ったのだ。

それから5年半・・・。

3年程前にバッテリーの持ちが悪くなって、サードパーティ製のバッテリーを買って延命措置をしながら、3回ほどバッテリーを買い換えてなんとか持ちこたえてきたのだ。それでもここ数ヶ月は毎晩充電しても、仕事帰りに電車内でインターネットを見てると「充電してください」と表示されてシャットダウンしてしまうことが多くなって、もういい加減買い換えても良いのでは?と思うようになっていたのだ。

いや、3年程前から延命措置をしていたのは、auからスマートフォンが出るという噂を信じて、国内3社では最後発のauスマートフォンがどんなものなのか使ってみたいというのがあったからなのだ。だから去年の春先にCA001という楽器機能付きの楽しそうなケータイが出たときも買い換えずに、近いうちに発売されるという噂のスマートフォンをひたすら待ち続けたのだ。
ところがっ!!
auから出たスマートフォンE30HTは、EzWeb非対応でそれまで使っていた@ezweb.ne.jpメアドが使えないとか、その他にも色々と制約があってとても買いたい・使いたいと思える代物ではなかったのだ。

それからというもの、auから新製品が発表されるとネットやヨドバシアキバ等で調べてはいたものの、どれも値段の割にはイマイチと感じるものばかり。とにかく値段が高くて性能が凡庸な印象しか受けなかったのだ。

そんなある日、auホームページでこれは!と思う機種を発見したのだ。それがSH006
メーカーホームページはこちら

普通の(スマートフォンでない)ケータイでWi-Fi対応というのが良いというか、先進性があると思ったのだ。(ちなみに買ったのはブルー)

本来、au(というかKDDI(というかその前身のKDD))はインフラ屋さんなわけで、自前の通信インフラを使わせてナンボという商売だと思うのだ。それがWi-Fi(つまり無線LAN)接続でネットに繋がるようになってしまうと、例えば自宅からはauのインフラを(ほとんど)使わずにインターネット接続出来てしまう。今後、街中にも無線LANアクセスポイントが増えていくことを考えると、携帯電話も単なる小型高機能インターネット接続端末になっていくべきなのではと思う。その一旦を体験してみたいと思って、何日も前から発売を楽しみにしていたのだ。そして3月6日に発売されて7日に機種変更して、今、手元にあるのだ。

まあ、先進性とは言っても、普通のケータイでのWi-Fiも国内3社中では再後発だったんだけど。

使ってみると、無線LAN環境ではブラウザの表示が速いので、ストレスなくネットを楽しめるのだ。まだ1時間くらいしか触ってないけど(笑)。

Spread the love
  •  
  •  
  •  

Comments are closed.