ネットワークカメラ

驚いたのだ。
いつの間にか、ネットワークカメラが1万円を切っていたのだ。しかも5千円台。

パソコンのUSBに繋いで、動画チャットで使うWEBカメラとは違うのだ。パソコンを立ち上げていなくてもネットワークに直接繋いでおけば、外出先から携帯電話やスマートフォンで自宅の様子を見たりできるのだ。

しかも、暗視機能が付いているので、夜、照明が消えていてもそこそのの画質で確認することが出来るのだ。
しかもしかも、カメラを自動でくるくると回すことができるので、多方向の様子を確認することが出来るのだ。
しかもしかもしかも、動く物体を自動的に検出して、メール通知したりすることもできるのだ。
しかもしかもしかもしかも、無線LAN接続ができるので、AC電源さえ取れればどこにでも設置することができるのだ。

自宅不在時に不審者が入り込んでいないかを検知することができたりするのだ。DynamicDNSクライアント機能も付いてるので、自宅のインターネット接続プロバイダ契約が固定IPアドレスでなくても、http://host.domain.com/などのドメイン名で自宅のカメラに接続できるのだ。

安価で便利なのだ~。

でもガラケーからだと動画は確認できないけど。
それでもプロバイダ契約でホームページスペースが割り当てられてたりすれば、そのスペースにFTPで画像(静止画)をアップロードして、静止画で見ることが出来る。静止画は10秒に1回など頻繁にアップロードすることもできるので、ほぼリアルタイムで様子を確認できるのだ。

留守の間、ペットの様子が不安なんて人は多いと思う。そういう人にオススメなのだ。
ただし、マニュアルは英語のみであまり親切には書かれてないので、多少のネットワークの知識が必要ではあるけど。

↓をポチッと買ってみてね。色違いと型番違いがあるけど、中身は同じらしい。