イレブンの壁

ある日Windows Updateがかかって、その日は「更新してシャットダウン」を選んで終わらせたのだが、翌日にPCを起動したら、なぜか勝手に「Groove ミュージック」なるアイツが起動するようになったのだ。しかもソイツは終了させてもまたすぐに起動してくる。
いや、起動するだけならまだよかった。ソイツは起動するだけじゃなく勝手にアクティヴになるのだ。つまり、Youtubeで動画でも見ようかなと思って見始めると動画よりも手前にGroove ミュージックが出てくるし、メールを見てるとGroove ミュージックが手前に出てくる。ネット検索しようとすると出てくるし、検索結果をつらつら見てると出てくる。消しても消しても、裏に回してもどうやっても勝手に手前に出てくる。
イライラして、どうせ使わねーからいいやと思ってアンインストールしたんだけど、そしたら今度は、「Windows Media プレーヤー」が出てくるようになったのだっ!
ネットで探してもそんな症状の対処方法は出てないし、かといって何かするたびにコイツが前面に現れるのでPCが使い物にならない。そしてWindows Media プレーヤーのアンインストールをやったんだけど、WMPが出てこなくなった代わりに今度はiTunesが出てくるようになってしまった。iTumesも何かすると前面に出てくる。対処法は分からない・・・・。

最終手段をとるしかないと覚悟を決めて、OSの初期化を開始したのだが、、、、なんと初期化ができなかったのだ。なぜなら、OSが勝手に書き換わってたから。

何故勝手にOSが書き換わるのか?それはWindows Insider Programに参加してるからなのだ。これに参加してると、OSの正式リリースよりも前に最新ビルドを受け取れる(というか勝手に入れられる)。自宅PCはもしも何かあっても、最悪初期化すればいいやと思ってるので、だったら最新OSを使ってみても良いかなとこのプログラムに参加してるのだ。今年の6月末にWindows 11のプレビュービルドだか何だかが公開されて、そのタイミングで勝手にWindows 10から11に書き換わってたのだ。そうするともう、普通のやり方ではWindows 10には戻れない。つまりOS初期化ができない。

話を戻して、何に困ってたかというと、何かしてるとGrooveやらWMPやらiTunesやらが勝手に起動して最前面に現れる現象だった。これ、諦めてしばらくその状態でPCを使ってたら気付いたことがあったんだよね。何かというと、キーボードを触った瞬間にiTunesが起動してくるってこと。その他のタイミングでもiTunesは起動してくるんだけど、キーボードを触らなければ起動しない。触ると必ず起動する。触った後はもう何度も何度も起動してくる。ということでキーボードがダメなんじゃないかと気づいて、ネットで調べたら同じ症状の人がいた。
でも、その人はキーボードに音楽再生用のショートカットボタンが付いてて、そのボタンが壊れてるっぽいってことだった。う~ん、俺が使ってるキーボードにはそんなボタンはないんだよなと思いながらも、その人と同じメーカーのキーボードだったので、そういうボタンの信号を発する仕組みはどこかにあって(ソフト的に)ハード的にはそのボタンはないのに、何かの拍子にそのボタンを押したのと同じ信号が発せられてしまうんじゃないかと考えることにして、キーボードを買い替えることにしたのだ。

それで買ったのがBuffaloのBluetooth3.0対応ワイヤレスミニキーボードってやつ。国内の民生品のメーカーの中ではBuffaloは最悪だと思ってるんだけど、他にサイズ的にマッチするものがなかったので仕方なく・・・。
まあ、買い換えたら勝手にiTunesやら何やらが起動してくる症状は消えたのでその点では良かったけど、このキーボード、やっぱり良くないね。
入力してる途中で無反応になったり、あれれ?と思って入力しなおすと今度は同じキーが押しっぱなしになる。

だからこんな感じになっちゃう。ぶっふぁぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお
すげーやだ。


にほんブログ村 その他日記ブログ 50代男性日記へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください