悲しき充電池

携帯電話とか携帯音楽プレーヤーとかの充電池は古くなってくると、満充電しても短時間しか使えなかったり、そもそも満充電されるまでの時間が極端に短くなったりするよね。

クルマ用というか、、、バイク用の充電池も同じなのね。。。

日曜日の夕方に、バイクのオイル交換をしてこようと思い立ったのだ。「たまにはバイクのエンジンをかけないと~」ってこともあったしね。
ほんの2~3ヶ月前にバッテリーあがりしてたから、バッテリーをバイクから取り外して充電器に繋いで充電したのだ。そしてそのままバイクに取り付けずに放置してあったので、取り付け前に念のためにもういちど充電器に繋いで満充電を確認してから、バイクに取り付けてセル一発・・・・・・
・・・・あれ??

というか、キーをONにしてもニュートラすら光らないし!
満充電のはずなのにおかしいな。キルスイッチ?繋ぎ間違え?ヒューズ切れ??と確認したけど異常はないようす。
いやいやよく確認したら、キーONにするとデジタル時計だけはちゃんと点いてるし。
弱電だけ動作するってことは、非常に電圧が低い状態ということなのか??あんまり詳しくないけどきっとそうに違いない。

・・・ってことで、仕方なくバッテリーを買い換えることにしたのだ。
搭載されていたのはユアサバッテリーのYTX12-BSってやつなのだ。近くにドライバースタンドがあるので、電話して在庫を確認してみたら、ユアサバッテリーは在庫がないけど別メーカーの互換機種ならあるとのこと。そして一番安いのは1万6千なにがしかとのこと。
早速車でドラスタへ行ってみたところ、互換機種が3つ置いてあった。

一つは中国製のやつで、1万6千ちょい。
もう一つは国産。古河バッテリーで、2万2千。
最後のやつはBOSCHでこれはたしか2万3千位だったかな。

バッテリーって高いのねっ。
7~8年前にツーリング中にバッテリーがダメダメになっちゃって虫の息でバイク屋に到着して取り替えたときは、たしか1万2~3千円くらいだったと思ったんだけど。
天下の中国製もお高い!
しかもビミョーなお値段設定だよね。

「う~ん、中国製にするかぁ?でも安物買いの銭失いってのは親によく諭されたしなぁ~~~どーしよー」と考えてみた。考えても分からなかった。
お店のオニーサンに何が違うのか聞いてみたけど、イマイチ分からない。オニーサンもそういう意地悪な質問への答えは用意していなかったようす。だけど「BOSCHは1年間保障が付いてますよ」とのこと。これだけは聞かれたら絶対に答えようと用意してあったと思ったよ。
「でも、バッテリーってバッテリー上がり以外に故障とかしたことないんだけどねー。保障ってあんまり意味ないかもー。」ってな話をしつつ、中国製はどうかと思うので、古河バッテリーを買うことにしたのだ。ちょうどセール期間で10%OFFだったし。

自分でバッテリー買ってくるのは初めてだったんだけど、別液式ってやつは自分でバッテリー液を中に入れるようになってるのね。
早速、説明書の通りに液を注入してバイクに取り付けてみた。

キーON!
をを、今度はちゃんとニュートラランプが点いてるよ。そしてセル一発・・・って2~3ヶ月も放置してたんだから一発でエンジン掛かるわけないよね。
十発くらいかましてようやくエンジンがボボボッとかいうようになって、二十発くらいでブオーンとなったのだ。でもでも、チョーク引いてもスロットル放すとエンジン停止。
スロットルを調整しつつ何度もエンストしながらようやく回転が安定するところまでいきましたとさ。

さあて、今日はもう疲れたので、オイル交換は来週にしよう~と思った日曜日でした。
今週末はチェーンのメンテナンスもしないとヤバい様子。バイクで数分の所にドラスタがあるのはとっても有難い。

Spread the love
  •  
  •  
  •  

Comments are closed.