Ktai Entryをさくらインターネットで活用してみる(正解版)

前記事は誤爆だったのだ。(笑)
まあ、これがきっかけでKtai Entryの作者様から直々にコメントをもらえたり、結果的には解決に至ったのでそれはそれでよかったの思うのだ。

ってことで、さくらインターネットでKtai Entryを使ってるけど「メール着信時に投稿スクリプトを起動させる場合」ってのがうまく動かないよ~とお悩みの方々に一つの正解を提示してみようと思う。

1. Ktai Entryをインストール(プラグインに追加)し、メール投稿できるようにする。もちろん投稿受付メールアドレスはさくらインターネットで作成したアドレ スを使用する。とりあえず、Word Pressのダッシュボードの「設定」→「メール投稿」の「POP3読み込み間隔」は「15分」を選択しておく。
2. メールで記事を投稿して、サイトに記事が投稿されることが確認できたら、「POP3読み込み間隔」を「しない」を選択。
3. さくらインターネットのサーバコントロールパネルの「メールアドレスの管理」で投稿受付メールアドレスの「メール転送」設定をして、すぐに「転送先メール アドレス」を削除する。(この作業によってメールボックスに .mailfilter というファイルが作成される)
4. FTPクライアントでさくらインターネットのサーバーに接続して、MailBoxディレクトリの投稿受付メールアドレスのディレクトリ内にある .mailfilter ファイルをダウンロード。テキストエディタで開いて次のように記述して保存する。

cc "| /usr/local/bin/php -q /home/hogehoge/www/moge/mage/ktai_entry/inject.php"

※ /home/以降は各々の環境に合わせて記述する。要はinject.phpのパスを記述。
5. FTPクライアントで .mailfilter ファイルを元のディレクトリにアップロードする。ファイルのパーミッションは600。
6. FTPクライアントで inject.php ファイルをダウンロード。テキストエディタで開いて、次の記述を見つける。

while ($line = fgets(STDIN, 1024)) {
    $message .= $line;
}

この部分3行を次の4行で書き換える。

$fp=fopen("php://stdin",'r') or die('Error');
while( !feof($fp) ){
    $message .= fgets( $fp ,1024);
}

7. FTPクライアントで inject.php ファイルを元のディレクトリにアップロードする。ファイルのパーミッションは744。
以上、終了。
STDINとか("php://stdin",’r’)に関してはよく知らないので自分で調べてね。

なお、この改造のために「さくらインターネットでリアルタイムメール処理」を参考にさせていただきました。
また、この改造で何か起きても責任は取れませんので、自己責任でやっちゃってください。

いんちょー について

心は音楽家・旅行家、実態はフツーの会社員。 バイクでツーリングに行くのが無二の楽しみ。そして出かけない日はピアノをバリバリ(?)弾いたり、コンピュータのキーボードをバシバシ(?)叩いたりしてます。 ツーリングに行って一番良かったのは、阿蘇山。火口を覗くと、何かが滾っていて「生きてるぜ!」って感じがします。大観峰からの眺めは、心が落ち着く感じがします。そのどちらも持ち合わせた阿蘇山。内なるエナジーを秘めていながらも、平静を装うところが、まるで俺のようじゃないか(^^ゞ 次に良かったのは、襟裳岬。台風が近づいている日に暴風雨の中、やっとの思いで辿り着いて、夏なのに気温が13度しかなくて、凍えながら土産物屋に入ったら、おっちゃんおばちゃんが元気な声で迎えてくれたっけ。あと森進一の歌も迎えてくれた(^^ゞ
カテゴリー: WordPress パーマリンク

Ktai Entryをさくらインターネットで活用してみる(正解版) への3件のフィードバック

  1. ピンバック: ワードプレスの勉強帳 » 携帯電話からのメールによる投稿

  2. ピンバック: Web制作とレースメカニックの日々 » WordPressを携帯対応に

  3. ピンバック: 宇品からみたら » Blog Archive » モブログの設定完了

コメントは停止中です。