モルヒネ

「モルヒネ(安達千夏)」を読んだのだ。

少し前から、大型書店のレジ前なんかにある新刊書平積みコーナーに並んでいて気になっていたのを買ってみたのだ。帯には「2007年 書店発ベストセラー うずくまって泣きました。。。 すばる文学賞作家が描く、究極の恋愛小説」と書かれていて、「そんなに泣けるのかっ!!」と期待して買ってみた。

読んでみると、恋愛小説としてよりも、冒頭部分に書かれている主人公の悲しい過去の方がショッキングで、後半は「どの辺が恋愛小説なの?」と思うような内容で、特に泣けるような内容は書かれていなかった。

まあ、読んでみて評価をするのが良いのかも。ということで、時間に余裕がある人にはオススメしておきたい。


にほんブログ村 その他日記ブログ 50代男性日記へ
にほんブログ村

Comments are closed.