終電

今日は終電で帰ってきたのだ。

途中駅で乗るに乗れない客がいるらしく、マイクを持った駅員が階段の下に向かって何度も「○○行き終電です。間もなくドアが閉まります。」とアナウンスしてた。
その階段からヒトが登ってきた様子はなかったけど、数分待たされた挙句にドアは閉まったのだ。

さて、郊外に向かう終電は途中で逆方向の終電とすれちがうのだ。もちろん以降は乗り過ごすとあまり嬉しくないことになるのだ。
終点の二つ前で下車するときに見たら、結構な人数のヒトたちが睡眠中だったけど、あのヒトたちは嬉しい駅で降りられただろうか。嬉しくない駅で降ろされたのだろうか。


にほんブログ村 その他日記ブログ 50代男性日記へ
にほんブログ村

Comments are closed.