ラズベリーパイを焼く(3) ~日本語化してリモートデスクトップ接続

ラズベリーパイを使って自宅内サーバーを構築するのだ。

購入したモノに関する記事はこちら

自分用に手順を記録しておくための記事なので、他の方がここを参考にして上手くいくかどうかは不明。もしこの通りにやって上手くいかなくても悪しからず。また、サーバー構築のゴールは特に決めてないのでこのシリーズが何回で終わるかも不明。

(前記事はこちら。)

3.日本語化
ラズベリーパイの起動用に構築しているOSのRaspbian(Jessie)は初期状態では日本語表示に対応してないのだ。だからまずは日本語対応の設定をするのだ。
3-1.ロケール設定
須藤コマンド(笑)で次の通り入力。 sudo dpkg-reconfigure locales
ロケールを選べるようになるので次の3つを選んで、

en_GB.UTF-8 UTF-8
ja_JP.EUC-JP EUC-JP
ja_JP.UTF-8 UTF-8

デフォルトロケールをja_JP.UTF-8 UTF-8にしてOK。

ロケール選択

ロケール選択

デフォルトロケール

デフォルトロケール

3-2.日本語フォントをインストール
日本語フォントを入れるのだ。フォントは色々あるようなのだが、こちらのサイトに従って次の通りにインストールしてみた。

sudo apt-get install ttf-kochi-gothic xfonts-intl-japanese xfonts-intl-japanese-big xfonts-kaname

再起動後にdateコマンドでも入力してみれば日本語表示できるはず。

4.リモートデスクトップ接続
4-1.xrdpのインストール
今回のラズベリーパイはサーバーとして構築するので、GUIでログオンする必要はないのかも~と思いつつも、リモートデスクトップをインストールしてみたのだ。sudo apt-get install xrdp
途中で「続けますか?」みたいなメッセージが出るのでYを入力。

4-2.日本語キーボードの設定
リモートデスクトップで接続したときのキーボードの設定をするのだ。イマイチ理解してないのだが、次のようなコマンドで良いらしい。

cd /etc/xrdp/
sudo wget http://w.vmeta.jp/temp/km-0411.ini
sudo /etc/init.d/xrdp restart

4-3.IMのインストール
IMとはInput Methodのこと。Raspbianで使えるIMはいくつかあるようなのだがここを参考にIBusをインストールすることにした。sudo apt-get install ibus-anthy

4-4.リモートデスクトップ接続
インストール・設定が終わったらPCのコマンドプロンプトでmstscを入力して「リモートデスクトップ接続」を起動するのだ。

リモートデスクトップ接続

リモートデスクトップ接続

リモートデスクトップで接続

リモートデスクトップで接続

この通り、ラズベリーパイのデスクトップが出てきて、日本語で「ゴミ箱」なんて表示になってるのだ。Windowsだと「ごみ箱」なのにRaspbianだと「ゴミ箱」、MacOSでも「ゴミ箱」となってるみたい。でもネット検索すると「Mac OS Xでごみ箱の場所を教えて下さい」なんていう質問があったりして、「ごみ」か「ゴミ」かは意識されてないような気がする。
ひらがなかカナカナかは重要な問題だ!と思ってたけど、これこれみたいにいい加減な感ジに使ワレテルこともアルのだ。

4-5.IBusの設定
リモートデスクトップ上で「Menuボタン>設定>IBusの設定」をクリック。「IBusの設定」画面の「インプットメソッド」タブで「日本語 – Anthy」を選んで「追加」ボタンを押すのだ。

試しにMenuボタンの隣にある「Epiphanyウェブブラウザー」を立ち上げてアドレスバーのところに「ぐーぐる」などと入れてみれば、日本語入力できることが分かるはず。
ちなみにEpiphanyウェブブラウザーのアドレスバーに検索キーワードを入力するとDuckDuckGoという検索エンジンに飛ばされるようになってるようす。

5.Sambaでファイルサーバー構築
次記事へ続く。)
にほんブログ村 その他日記ブログ その他40代男性日記へ
にほんブログ村

いんちょー について

心は音楽家・旅行家、実態はフツーの会社員。 バイクでツーリングに行くのが無二の楽しみ。そして出かけない日はピアノをバリバリ(?)弾いたり、コンピュータのキーボードをバシバシ(?)叩いたりしてます。 ツーリングに行って一番良かったのは、阿蘇山。火口を覗くと、何かが滾っていて「生きてるぜ!」って感じがします。大観峰からの眺めは、心が落ち着く感じがします。そのどちらも持ち合わせた阿蘇山。内なるエナジーを秘めていながらも、平静を装うところが、まるで俺のようじゃないか(^^ゞ 次に良かったのは、襟裳岬。台風が近づいている日に暴風雨の中、やっとの思いで辿り着いて、夏なのに気温が13度しかなくて、凍えながら土産物屋に入ったら、おっちゃんおばちゃんが元気な声で迎えてくれたっけ。あと森進一の歌も迎えてくれた(^^ゞ
カテゴリー: RaspberryPi, コンピューター パーマリンク

ラズベリーパイを焼く(3) ~日本語化してリモートデスクトップ接続 への2件のフィードバック

  1. ピンバック: ラズベリーパイを焼く(4) | 感動の種

  2. ピンバック: ラズベリーパイを焼く(2) ~キーボード・ディスプレイなしで起動 | 感動の種

コメントは停止中です。